2021年1月15日
お知らせ, 新着

長崎県司法書士会では、2月1日から2月28日の1か月間(土、日、祝日は除く)を「相続登記はお済みですか月間」として相続登記の促進事業(無料相談)を実施いたします。

 

土地や家の相続登記はお済みですか?

不動産が亡くなった方の名義のままだと、不動産を処分しようとするときなどに、手続きがうまくいかないことが多くあり、放置すればするほど、いざ相続登記をしようとしたときに、相続関係者が膨大な人数となっていて、手間と費用も余分にかかるばかりか、相続登記をすること自体が、困難となってしまうことすらあり得ます。

 

不動産の相続登記は今のうちに早めに済ませましょう!
相続登記のことなら、相続並びに登記の専門家、私たち司法書士にお任せください!

 

ご相談をご希望の方は

長崎県司法書士会総合相談センター 
電話095-823-4895(平日9時―17時。土、日、祝日は休みです。)

又は

長崎県司法書士会 
電話095-823-4777(平日9時―17時。土、日、祝日は休みです。)

までご連絡ください。

 

事前予約により司法書士の無料電話相談を受けていただくこともできますし
最寄りの県内各司法書士事務所の紹介も行っております。(注1、注2、注3)

 

皆様からのお電話をお待ちいたしております。

(注1)月間期間内は、相続登記に関する相談は原則相談無料(ただし、電話通話料はお客様のご負担となります)ですが、具体的な手続きに着手する際は、別途費用が発生します。

(注2)紹介先となる司法書士事務所によっては、対応できない相談もございますので、予めご了承ください。

(注3)紹介先となる司法書士事務所によっては、新型コロナウイルス感染拡大予防上、個々の司法書士の判断により、電話相談のみでの対応となる場合もあります。予めご了承ください。

2021年1月13日
お知らせ, 新着

 現在、日本国内の各所において新型コロナウイルスの感染第三波が拡大している状況にあり、首都圏において令和3年1月8日に緊急事態宣言が再発令されました。本県においても、感染拡大が続いており、当会では新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、司法書士総合相談センターの面談相談を令和3年1月14日(木)の相談(既に予約が受け付けられているものも含む)より当面の間、休止することとし、その代替措置として、当面の間、電話相談に切り替えて対応することと致します。市民の皆様並びに関係各所の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程をよろしくお願いいたします。面談相談を再開する際は、また改めて当会ホームページ等にてお知らせいたします。
電話相談の流れについては次のとおりです。

 

1.まず、総合相談センターの予約専用電話番号【095-823-4895】にお電話いただき、電話相談の予約をしていただきます。
  (受付時間は平日の9時-17時。土日、祝日は休みです。)

2.相談日時のご予約をいただきましたら、電話相談を担当する司法書士の連絡先電話番号を事務局よりお伝えいたします。

3.ご予約された相談日時の開始時間になりましたら、相談者の方より、相談を担当する司法書士の連絡先電話番号に、お電話をしていただきます。
  (電話通話料は相談者のご負担となります。予めご了承ください。)

4.司法書士が電話相談にお応えします。
  (相談時間は概ね20分以内が目途となります。)

 

長崎県司法書士会 095-823-4777

2020年11月20日
お知らせ, 新着, 相談会

専門家による「何でも相談会(無料)」開催!
 

日 時:令和2年12月5日(土)午前9:30~午後4:00

場 所:メルカつきまち5F会議室

 
※1件30分以内、相談料は無料です。
※ご希望の方は、事前の電話予約が必要です(定員になり次第締切り)
※予約受付期間:12月1日(火)まで
※予約電話番号:095-824-3903(長崎県弁護士会)


  土地問題、労働問題、税務問題、法律問題、遺言、登記手続き、年金、成年後見、行政手続き、書類の書き方・申請方法など、それぞれの専門家が適確なアドバイスを行います。個人・法人を問わずご相談ください。
 
当日待機している専門家 弁護士・司法書士・土地家屋調査士・社会保険労務士
                       税理士・行政書士・不動産鑑定士・中小企業診断士


※新型コロナウイルス感染拡大防止に関する協力のお願い

 当日検温にご協力いただきます。37.3度以上の熱がある場合には相談をお断りします。
 あらかじめご了承ください。

 

ちらし2020表面       ちらし2020裏面

2020年9月18日
お知らせ, 新着

長崎県司法書士会では、10月1日の法の日に因み、10月1~10月7日(ただし、原則として土・日は除く)の1週間の間、法の日司法書士法律相談事業を下記のとおり実施いたします。
不動産の売買や相続、遺言のこと、会社・法人登記のこと、借金問題、成年後見のことなどについての相談に対応いたします。
お気軽にお問合せください。

 

お問い合わせ先

長崎県司法書士会:095-823-4777(土・日・祝日を除く平日9時~17時)


長崎地域(長崎市、長与町、時津町):各司法書士事務所にて実施

県央地域(諫早市、雲仙市、大村市):各司法書士事務所にて実施

県北地域(佐世保市、松浦市、平戸市、佐々町、東彼杵町、川棚町、波佐見町):各司法書士事務所にて実施

五島地域(五島市、上五島町、小値賀町):各司法書士事務所にて実施

壱岐地域(壱岐市):各司法書士事務所にて実施

対馬地域(対馬市):各司法書士事務所にて実施

 

※該当地域並びに該当期間の相談料は原則無料。予約不要です。
※司法書士事務所によっては、対応できない相談もありますので、予めご了承ください。

 

2020年4月17日
新着

 

令和2年4月16日
 

 

緊急事態宣言発令が全国に拡大されたことを受けて、長崎県民の皆様へ

(会長声明) 

長崎県司法書士会 会長 前田洋之

 

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を食い止めるため、日本政府は16日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言について、7都府県だった対象地域を全国に拡大しました。

 長崎県においても4月16日現在16名の感染者が確認されております(長崎県発表より)。大都市圏に比べると感染者の増加は緩やかですが、いったん感染拡大が始まると制御できない状況に陥ってしまうことは東京その他の地域の事例から見て明らかだと思われます。東京都等では、感染拡大に対する不安の声が広がる中、飲食店、ホテル・観光業などをはじめとした多くの中小零細事業者が、利用者の減少や営業自粛、契約の打ち切り等により、経済的な苦境に立たされ、労働者においても解雇等により直接の影響を受けておりますが、長崎県においても新型コロナウイルスの感染拡大により同じような経過をたどる事が予想されます。

 このような状況の中で、私たち司法書士が「市民に身近な法律家」として何をなすべきかが問われております。8月に施行が予定されている改正司法書士法において、私たちの使命は、「国民の権利を擁護し、もって自由かつ公正な社会の形成に寄与する」ということが確認されました。残念ながら司法書士は弁護士と違い対応できる法律相談にも制限はございますが、少しでも県民の皆様のお役に立ちたい思いは同じです。新型コロナウイルス感染拡大を防止する観点から、長崎県司法書士会運営の面談常設相談会である司法書士総合相談センターは休止しておりますが、最寄りの司法書士事務所の紹介は行っております。長崎県司法書士会の会員は今も県内各地で活動しており、地域の皆様のご相談に対応しております。

県民の皆様が、いち早く日常生活を取り戻せるよう、我々長崎県司法書士会も一丸となって、相談業務等を通じて最大限の努力をつづけてまいります。

 

 

1 2 3

お役立ち useful