2016年9月23日
相談会

長崎県司法書士会は他の専門職団体と連携して標記の相談会を開催いたします。
「どこに相談すればいいのかわからない」「誰に相談すればいいのかわからない」「書類の意味が分からない」など、土地問題、労働問題、税務問題、法律問題、遺言、登記手続き、年金、成年後見、行政手続き、書類の書き方・申請方法など、それぞれの専門家が的確なアドバイスを行います。個人・法人を問わず、ご相談ください。
詳細は下記の通りです。事前予約が必要ですので、ご希望の方は、11月7日(月)~11月24日(木)の予約受付期間内に問い合わせ先(095-824-3903)にお電話をお願いいたします。

           記
○日  時:平成28年11月26日(土)10時~16時
      ※1件30分まで(相談料無料)。事前予約が必要です。
○場  所:メルカつきまち5F会議室(長崎市築町3-18)
○問合せ先:長崎県弁護士会 TEL095-824-3903 
     (長崎市栄町1-25長崎MSビル4F)
○主  催:長崎県弁護士会、長崎県土地家屋調査士会、 長崎県社会保険労務士会、
       九州北部税理士会長崎県地区連絡協議会、長崎県行政書士会、
       長崎県中小企業診断士協会、長崎県司法書士会
○後  援:長崎県/長崎市

2016年9月9日
相談会

法務省では、行政サービスの向上を目的に、本年10月2日(日)、全国の法務局・地方法務局において、休日相談所を開設することとなりました。
 これを受け、長崎地方法務局でも下記の通り、管内3か所において相談会を実施いたします。
この相談会には、司法書士をはじめ、土地家屋調査士、人権擁護委員、公証人及び法務局職員が、法務局で取り扱っている業務を対象に、様々な相談に応じます。
相談料は無料です。この機会に日常生活の心配ごと、困りごとなどをぜひご相談ください。

             記
日 時:平成28年10月2日(日)午前10時~午後4時
場 所:①長崎地方法務局 長崎市万才町8番16号     
    ②長崎地方法務局諫早支局 諫早市幸町4番12号
    ③長崎地方法務局佐世保支局 佐世保市木場田町2番19号

お問い合わせ、ご予約方法等の詳細は長崎地方法務局ホームページをご覧ください。

昭和35年、政府は国を挙げて法の尊重、基本的人権の擁護、社会秩序の確立の精神を高めるための日として、10月1日を「法の日」と定めました。
これに基づいて、長崎県司法書士会では、県内の各司法書士事務所、または、下記会場にて無料相談会を開催いたします。
昨今注目されている相続問題や高齢者問題をはじめとした、様々なご相談をお受けいたします。 相談料は無料ですので、お気軽に足をお運びください。

平成28年度 法の日相談会 会場・日程案内

 

2016年8月8日
相談会

長崎県司法書士会では、以下の通り相続無料相談会を開催いたします。
遺言・相続その他法律相談など、お気軽にご相談ください。
(※但し、司法書士の業務範囲に限らせていただきます。)

 日時:平成28年8月27日(土)
    午前10時~午後4時
   (受付は午後3時30分まで)

 場所:長崎会場  長崎市立図書館 新興善メモリアル会議室(長崎市興善町1- 1)

    佐世保会場 中央公民館 講座室(佐世保市常磐町6-1)

予約及びお問い合わせ先:長崎県司法書士会事務局
  電話 095-823-4777
※予約の方を優先いたしますので、当日受付の方はお待ちいただく場合がございま す。

2016年7月14日
相談会

長崎県司法書士会と成年後見センターリーガルサポート長崎支部との共催で、標記の相談会が開催されます。
司法書士は身近な法律家として、市民の皆様の抱えるお悩みに真摯に向き合い、解決への助力となれるよう日々努力をしております。
相談は無料です。成年後見制度や相続手続き、遺言書の書き方などにご興味、ご不安、ご不明な点などがございましたらお気軽にお越しください。

・日時:平成28年8月6日(土)10:00~16:00

・会場:①長崎会場 :長崎建設総合会館(長崎市魚の町3-33)
    ②佐世保会場:佐世保市中央公民館(佐世保市常磐町6-1)
    ③諫早会場 :健康福祉センター(諫早市宇都町29-1)

・予約・問い合わせ先:ご予約者優先ですのでまずは下記までお申し込みください。

       長崎県司法書士会事務局
       095-823-4777
   (祝祭日を除く月~金 午前9時~午後5時)

 

20160806成年後見 相続 遺言相談会パンフレット

<プレスリリース 報道機関の皆様へ>
昨今の社会情勢の変化に伴い、司法書士に対する「成年後見・相続・遺言」の相談件数は増加の一途をたどっております。
これもひとえに、これまで司法書士が取り組んできた活動を市民の皆様に評価していただいてのことと有難く捉える一方、なおより一層の研鑚が必要であると決意を新たにするところであります。
ただ、市中にはまだまだ抱える不安・問題を誰に相談すればよいのかわからずに苦しんでおられる市民の方々が多くいらっしゃいます。
つきましては、報道機関の皆様に、当無料相談会を契機として司法書士という相談窓口のご紹介を市民の皆様へしていただきたく、ここにお知らせとともにお願いをさせて頂きます。

1 2 3 4 5 6

お役立ち useful